あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

【旧記事】Win10 ディスク使用量100%で遅い!原因は?

Windows10 で動作が異常に遅く、Windowsの起動やソフトの起動が著しく遅い!
デフラグや設定変更しようとしても、動作が遅すぎてどうにもならない。
タスクマネージャーで状態をみると、CPUやメモリーはそれほど使用していないのに、ディスク使用量だけ100%から変わらない。
ディスクの状況をみると転送速度が10MB/秒以下で、アクティブ時間がずっと100%近く続いている。

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

そんな時は、IDE ATA/ATAPI コントローラ ドライバがトラブルになっている可能性があります。

 

このIDE ATA/ATAPI コントローラ ドライバはハードディスクやSSDの転送を管理しているドライバで、ここが調子悪いと速度に多大な影響があります。
このようなトラブルにはこのドライバを更新することで、改善する場合が多いです。
インテルのCPUを使用している場合は、適合するIRSTドライバーを更新してください。

 

このドライバーの更新は大きなリスクもあります。
適応しないドライバーをインストールしたり、ドライバをアンインストールして再起動してしまった場合、最悪Windowsが起動しなくなりますので、ご注意ください。

 

ドライバ適応後は、使用していない常駐ソフトは終了して、自動起動しない設定をしましょう。
また、意外な設定で改善する場合もあります。
それは、色 の設定です。
スタートメニューから、設定→個人用設定→色 の場所にある「背景からアクセントカラーを選ぶ」、その他オプションの「透明効果」、以下の場所にアクセントカラーを表示しますの「スタート、タスクバー、アクションセンター」「タイトルバー」 以上の設定をチェックボックスを外したり、オフに設定してください。

 

不安だったり、設定がわからない場合は、お気軽に弊社までご相談ください。
有償サポートにて対応できます。

2018年6月4日投稿記事

 私が書いた記事
 この記事を書いている人
PCワールド本部スタッフ
  • あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド
  • 株式会社PCワールド
    日曜定休
    営業時間 10:00〜12:00、13:00~19:00
  • あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド
  • 株式会社PCワールドは西三河の中小企業の「パソコン係」として、業務用パソコン販売、パソコントラブルの診断・修理、「ITで会社を強くする」各種サービスの提案・導入支援を行っています。

営業カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30