あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

【旧記事】Office2019、2016、2013の共存について

一部の環境で、新たにOfficeをインストールすると、すでにインストールされているOfficeが勝手にアンインストール(削除)されてしまう現象が確認されています。
これは一つのコンピューター上に同一インストール方法(クイック実行形式、以下C2R)の異なるバージョンの製品をインストールすることができない製品仕様に起因するためです。
例えばOffice 2016製品をMSIでインストールしたPCに、Office2019製品を新たにC2Rでインストールする場合、インストールされているすべてのOffice 2016製品がアンインストールされます。

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

※1:クイック実行のインストール テクノロジが使用されている製品は、同一アプリケーションでバージョン違いのものを、同じ PC にインストールすることはできません。
(例: Word 2016(クイック実行)と、Word 2013(クイック実行)は同じ PC にインストールすることができない。)また、すでにインストールされているアプリケーションと重複するアプリケーションが含まれているスイート製品、単体製品を、同じ PC にインストールすることはできません。
C2R 2016 + C2R 2019は共存可能です。
Office Personal 2016 + PowerPoint 2019(但し、現状未提供)などが該当します。

 

※2:単体およびスイートの同じバージョン(2019/2016の部分ではなく16.0/15.0の部分)の C2R 方式と MSI 方式の製品を同一PCで共存できません。

 

 

企業向けのボリュームライセンスバージョン(VL版)については、上記の限りではありません。
ボリュームライセンスバージョンの対応確認は、マイクロソフトのサポートへお問い合わせください。

 

インストール形式やバージョンの確認方法は、それぞれのOfficeアプリケーションの『ファイル』で開く画面の『アカウント』をクリックすると教示されるバージョン情報欄を確認してください。

画面はOffice2016 Excel ですが、Excelのバージョン・ビルド番号の後に
・クイック実行(Click-to-Run版(C2R))
・Microsoft Store(ストアアプリ版)
・MSI(MSI版)
の記載がありますのでご確認ください。

Officeのバージョン情報はバージョン情報ボタンをクリックして開いた画面に記載されています。

また、64 ビットと 32 ビットの Office を同じ PC で混在させることはできません。

 

操作をされる前には必ずデータのバックアップを行ってください。

 

なお、この情報は弊社で保証・責任を負うものではございません。
インストールするバージョンやマイクロソフトの仕様変更等により結果は変わります。
また、お客様の環境によってもこの限りでない場合がありますので、マイクロソフトのサポート窓口へご確認お願いします。

2019年12月20日投稿記事

 私が書いた記事
 この記事を書いている人
PCワールド本部スタッフ
  • あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド
  • 株式会社PCワールド
    日曜定休
    営業時間 10:00〜12:00、13:00~19:00
  • あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド
  • 株式会社PCワールドは西三河の中小企業の「パソコン係」として、業務用パソコン販売、パソコントラブルの診断・修理、「ITで会社を強くする」各種サービスの提案・導入支援を行っています。

営業カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30