あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

【旧記事】Windows10 で古いネットワーク機器が使えない!

Windows 10 Fall Creators Update (1709)以降のバージョンで、古いタイプのNASやデータサーバー、ネットワークプリンター等のネットワークデバイスに接続できないトラブルが発生しています。

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

接続できない理由はいくつかありますが、古いネットワーク接続機器を使用している場合は、接続したいデバイスが使用している『SMBバージョン』が古いという事が原因の1つとして考えられます。
SMB(Server Message Block)は、Windowsでファイル共有やプリンタ共有などに使用される通信プロトコルで、SMBバージョン1.xには複数の脆弱性があり、対応も難しいので使用しない事が推奨され最新バージョンのWindows10ではSMB1.0をサポートしないように設定が変更されました

 

この為、Windows10でSMB1.0を使いたい時は、SMB1.0の機能を有効化する必要があります

SMB1.0有効化の手順

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

まずは、コントロールパネルを開きます。
スタートボタンを左クリックして『Windowsシステムツール』から『コントロールパネル』をクリックするか、キーボードの『Windowsキー』と『sキー』を同時押しして検索バーに『コントロールパネル』を入力して検索結果から『コントロールパネル』をクリックしてください。

 

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

コントロールパネルが開いたら、『プログラム』にある『プログラムのアンインストール』をクリックして開き、左上にある『Windowsの機能の有効化または無効化』をクリックしてください。

 

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

そして開いたウインドウから『SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート』にチェックを入れ、下2つのSMB1.0関連項目にチェックが入ったことを確認して『OK』をクリックしてください。

 

これでSMB1.0が有効化されたので、再度ネットワークデバイスへアクセスしてください。

まとめ

先述しましたが、SMB1.0は脆弱性が多く、危険なプロトコルです。
ネットワークデバイスの設定変更やファームウェアアップデートで、新しいSMBプロトコルを使用できるように設定してください。
SMB1.0の使用は一時的なものに留め、新たなデバイスへの買い替えもご検討ください。

 

SMB1.0はWindows 2000/XP/Server 2003/2003 R2 で使用されていたプロトコルです。
この頃のデバイスであれば、上記トラブルが発生する恐れがあります。
Windows Vista/Server 2008以降は2.0に対応しております。
また、Windows 8.1、Server 2012 R2以降のOSでは「SMB 1.0」を切ることができ、使えなくすることでセキュリティの向上が見込めます。

 

上記トラブル対応が難しいときは、お気軽に弊社の有償サポートへご相談ください。
ネットワークデバイスの交換やアップグレードも、お気軽にお問い合わせいただけます。

2018年7月15日投稿記事

 私が書いた記事
 この記事を書いている人
PCワールド本部スタッフ
  • あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド
  • 株式会社PCワールド
    日曜定休
    営業時間 10:00〜12:00、13:00~19:00
  • あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド
  • 株式会社PCワールドは西三河の中小企業の「パソコン係」として、業務用パソコン販売、パソコントラブルの診断・修理、「ITで会社を強くする」各種サービスの提案・導入支援を行っています。

営業カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30