あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

クラウド(ストレージ)データのバックアップ その3

以前のブログにて、クラウドサービス利用時のデータバックアップの必要性について、お知らせしていましたが、今回も弊社でお取り扱いのございます、バックアップソリューションのご案内です。

 

おさらいになりますが、自社(ローカル・オンプレミス)で管理するサーバーやNASより安全なはずのクラウドを”何故バックアップする必要があるのか?”についてですが、

 

【クラウドデータをバックアップする必要があるケース】
・使用しているときのユーザーの操作ミスや、悪意のあるユーザーの操作によって、データを完全に削除してしまった
ランサムウェアなど新種のウィルスに感染してしまい、ァイルが暗号化されるなど開けなくなってしまった
クラウドサービス事業者側トラブルによりアクセスできない状況が発生した際、事業者の宣言する目標復旧時間を待っていられない

そんなときに役に立つのが『クラウドデータのバックアップ』です。

 

【Avepoint Cloud Backup for Office 365】
https://www.avepoint.com/jp/products/cloud/backup

 

こちらも先回の【Skykick Cloud Backup】同様にインストール不要だから、リカバリーの対象とタイミングを指定するだけの簡単操作。保存先は、メーカー提供のクラウドストレージ(容量無制限)のほかに、自社所有のクラウドストレージ(Azure)も選択が可能です。コンプライアンスの厳しい業界の法人様にも最適です。

 

【AvePoint Cloud Backup for Office 365 について】 AvePoint Cloud Backup は、Microsoft テクノロジーの世界で 2001 年から実績を築いてきた AvePoint が提供する、Office365 向けバックアップ ソリューションです。リカバリーの対象とタイミングを指定するだけの簡単操作で使用できる無制限の自動バックアップと、AvePoint 提供の Azure ストレージと自社所有クラウド ストレージから柔軟に選択できるストレージ選択の柔軟性とで、Office365 データのバックアップ・リカバリー対策を最大限に強化します。 オンデマンドで実行できる最小アイテム リストアを活用することで、業務に必要なメール・ファイル・会話・プロジェクト・タスク・Office 365Groups・Microsoft Teams・サイトなど、必要なコンテンツやアイテムを必要なタイミングでリカバリーすることが可能になります。 (メーカー発行カタログから転載)

 


※画像クリックで拡大表示されます。

<総合的・包括的バックアップ>

● 最小限の構成・操作でバックアップが実行可能です。
● 1 日につき最大 4 回 (または 6 時間ごと) にバックアップを実行し、対象オブジェクトを保護します。
● Exchange Online・SharePoint Online・ProjectOnline ・ OneDrive for Business ・ Office 365 Groups・Microsoft Teams・パブリック フォルダーを含むOffice 365 コンテンツのバックアップに対応しています。
● 既定のビジネス ルールとフィルターで、リストアするコンテンツをスピーディーに選択することができます。
● スケーラビリティの高い Azure Storage にバックアップを保存可能です。
● 自社所有のクラウド ストレージ、もしくは Microsoft Azure ・ Amazon S3 ・ Dropbox ・ Secure File Transfer Protocol (SFTP)・File Transfer Protocol
(FTP) にアクセス可能なデータ デスティネーションなど、多種多様なロケーションにデータを保存することが可能です。
● Microsoft Azure Key Vault の暗号化キーを使用してサイバー攻撃や情報漏えいを防止し、機密データのコンプライアンス規則に適合するセーフガードを提供します。

<最小単位リストア>

● メールボックス・会話・プロジェクト・タスク・カレンダー・ファイル・パブリック フォルダー・Office 365 Groups・Microsoft Teams を含む Office 365 のコンテンツを、すべてのメタデータと権限を保持したままリカバリーします。オンライン・オフラインのストレージ両方に対応しています。
● 個別のドキュメントやバージョン以外にも、ヒューマン エラーによって生じた権限の変更もセキュリティ ロールバックが可能です。
● コンテンツ・メールボックス・会話・OneDrive・Office 365 Groups・サイトをインプレース リストア可能です。
● メール アイテムは PST・ドキュメント・ファイル シェアへのリストア・ Office 365 の外部へのエクスポート・リストアが可能です。
● 全文検索を活用して検出した、業務に必要なファイルやメールを、時間やオブジェクトに基づいてリストアし、スピーディーなファイルの回復を可能にします。
● 一時的な管理者・パワー ユーザーにリストアの権限を振り分け可能です。
● チャットボットの AVA (AvePoint オリジナ ルのヴァーチャルアシスタント) が、エンド ユーザーのMicrosoft Teamsチャットから、紛失・破損したコンテンツのリカバリー・リストアを実行します。※日本語版近日対応

 

ご利用開始前には、メーカーWEBページにて試用版のご用意もございますが、登録手続きなどが複雑ですので、試用ご希望の法人様はお問い合わせフォームまたは店頭まで、お気軽にお問い合わせください。

https://www.avepoint.com/jp/products/cloud/backup

導入前のご相談から、試用版によるお客様環境でのテスト稼働、実際の導入初期設定、運用保守サポートまですべてPCワールドでご提供しています。

PCワールドでは、[あなたの会社のパソコン係]として、『クラウドデータのバックアップ』についてのご相談のほか、クラウド製品の導入ご相談も承っています。

西三河地区(刈谷市、安城市、知立市、碧南市、高浜市、豊田市、岡崎市など)の企業の皆様のクラウドの選定・設置に関するご相談・お問い合わせを随時お受けしております。

お問い合わせフォームまたは店頭まで、お気軽にお問い合わせください。

 私が書いた記事
 この記事を書いている人
PCワールドスタッフ
  • あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド
  • 株式会社PCワールド
    日曜定休
    営業時間 10:00〜12:00、13:00~19:00
  • あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド
  • 株式会社PCワールドは西三河の中小企業の「パソコン係」として、業務用パソコン販売、パソコントラブルの診断・修理、「ITで会社を強くする」各種サービスの提案・導入支援を行っています。

営業カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30