あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

Androidスマートフォンをwebカメラとして使う

webカメラが手に入らない!

スマーフとフォンのカメラをパソコンのwebカメラとして使う

そこで、今回ご案内するのが、Dev47Appsが配布しているAndroidのスマートフォンをパソコンのwebカメラとして使えるフリーソフト「DroidCam Wireless Webcam(以下DroidCam)です。

webカメラを高額で悪質転売業者から入手したり、いつ入荷するかわからないのをひたすら待ったりせずとも、お手持ちスマートフォンをwebカメラとして使えます。

スマートフォンとパソコンにそれぞれアプリをインストールし、接続することでスマートフォンのカメラをパソコンのwebカメラとして使えるようになるのです。

※そもそもTeams等のオンライン会議サービスはパソコンでなくてもスマートフォンで大抵は使えるのですが…

スマートフォン側の準備

スマートフォンに「DroidCam」をインストールします。手順は以下のとおりです。

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

①GooglePlayで「DroidCam」と検索し、「DroidCam 」をインストールする

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

②「DroidCam」アプリを起動するとアプリの概要が表示されるので「Next」をタップ

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

③アプリの使い方が表示されるので、「Got It」をタップ

カメラや音声の使用をDroidCamに許可するか尋ねられた場合は。「許可」をタップします。

これでひとまずスマートフォン側の設定は終わりです。

パソコン側の準備

スマートフォンだけでなく、パソコン側にもソフトのインストールが必要です。手順は以下のとおりです。

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

Dev47Appsのサイトにアクセスし、「Download Windows Client」をクリック

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

②開いた先にダウンロードリンクがあるので、クライアントソフトをダウンロードする

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

③ダウンロードしたインストーラーをダブルクリック

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

④インストーラーが起動する。「Next」をクリック

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

⑤ライセンス規約の条文が表示される。よく読んで同意する場合は「I Agree」をクリック

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

⑥インストール先を変更できるが、特に変更する必要はないのでそのまま「Install」をクリック

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

⑦途中、「このデバイスソフトウェアをインストールしますか?」と尋ねられるので、「インストール」をクリック

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

⑧インストールが完了したら「Finish」をクリック

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

⑨デスクトップに「DroidCamApp」のアイコンが追加された

これでパソコン側の準備も完了です。次に、実際にDroidCamを利用してスマートフォンをwebカメラとして使ってみます。

 

I.無線LANでパソコンとスマートフォンを接続する

無線LANで接続するには、スマートフォンとパソコンが同一ネットワーク内にある必要があります。

スマートフォンもパソコンも同一のWiFiに繋ぐ、またはスマートフォンを繋いだWiFiと同一のLAN内に有線でパソコンを繋いでおく必要があります。

念のため、スマートフォンのモバイルデータ通信(電話回線でのデータ通信)はOFFにしておくとよいでしょう。

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

①スマートフォンの「DroidCam」アプリを起動するとIPや通信ポートが表示されている

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

②パソコン側の「DroidCamApp」をダブルクリックして開く

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

③「DroidCam Cliante」が起動するので、スマートフォンに表示されているIPアドレスとポート番号を入力し、「Start」をクリック

これでスマートフォンとパソコンが接続され、スマートフォンのカメラがwebカメラとして使えるようになりました。

II.USBでパソコンとスマートフォンを接続する(上級者向け)

スマートフォンとパソコンをUSBケーブルで接続して使う方法もありますが、こちらはスマートフォンの開発者モードを有効にする必要があります。

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

①スマートフォンの端末情報から「ビルド番号」を表示させ、連続してタップする(7回程度が目安)

※端末によって異なりますが、筆者の端末の場合は、「設定>システム>端末情報>ソフトウェア情報 」の中にありました

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

②「これで開発者になりました」と表示されれば成功

※端末によっては「これでデベロッパーになりました」と表示される場合もあります

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

③システムメニュー内に「開発者向けオプション」のメニューが現れるのでタップ

※筆者の端末では「設定>システム」にありました

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

④「USBデバッグ」をONにする

※これでスマートフォン側の下準備は終了です

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

⑤スマートフォンの「DroidCam」アプリを起動する

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

⑥スマートフォンとパソコンをUSBケーブルで接続し、パソコン側の「DroidCamApp」を開く

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

⑦USBのアイコンをクリックし、「Start」をクリック

これでスマートフォンとパソコンがUSBで接続され、webカメラとして使えるようになりました。

実際にアプリケーションで使ってみる

動作が確認できたもの

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

Microsoft Teams(デスクトップアプリ版)

カメラとして認識し、ビデオ通話できた

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

Microsoft Teams(webアプリ(ブラウザ)版)

カメラとして認識し、ビデオ通話できた

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

Zoom

カメラとして認識し、ビデオ通話できた

動作しなかったもの

Windowsカメラアプリ:✕ カメラとして認識されなかった

Skype:✕ カメラとして認識されなかった

 

※あくまで筆者の使用環境での結果です。他の環境では動作したり、逆に動作しない可能性があります。

実際に使ってみての感想

・カメラを別途用意しなくても手持ちのAndroidスマートフォンはwebカメラとして使える

・スマートフォンへの負荷が高いらしく、webカメラとして使用しているとスマートフォンが温かくなった

・パソコンへの負荷もそれなりに高く、プレビューを使用するとGPU使用率がかなり高くなった

・映像のラグ(遅延)が結構大きい

・カメラを固定するならスマホスタンドは必須

まとめ

いかがだったでしょうか。

手持ちのスマートフォンとパソコンにフリーソフトを導入すれば、webカメラと同等のことができるのがわかったかと思います。

ただ、設定は案外面倒ですし、カメラの遅延も結構あります。(筆者のパソコンが非力なのかもしれませんが)

常用するには正直難があると思いますが、webカメラが手に入るまでの一時しのぎとしては十分かと思います。

今回はAndroidスマートフォンを使用しましたが、iOS向けには「iVCam」という「DroidCam」と同じようなことができるアプリがあるようです。

筆者はiPhoneを持っていないので実験はできませんが、紹介だけさせていただきます。

 

 私が書いた記事
 この記事を書いている人
PCワールド本部スタッフ
  • あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド
  • 株式会社PCワールド
    日曜定休
    営業時間 10:00〜12:00、13:00~19:00
  • あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド
  • 株式会社PCワールドは西三河の中小企業の「パソコン係」として、業務用パソコン販売、パソコントラブルの診断・修理、「ITで会社を強くする」各種サービスの提案・導入支援を行っています。

営業カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30