あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

パソコンのセキュリティ対策に必要なWINDOWS OSのアップデートについて

「パソコンは常にアップデートしておきましょう」とよく言われますよね。

パソコンのセキュリティ対策のためにもOSのアップデートは必要です。

そこで今回は、Windows OSのアップデートについて詳しく解説します。

OSとは?

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

OSとは、Operating Systemの略で、システム全体を管理して、多くのアプリケーションソフトを動かすためのソフトウェアです。

CPU、メモリー、ハードディスクなどのハードウェアもコンピューターを構成する要素ですが、これらの仕様の違いをOSが管理して、操作をしやすいように保ってくれているのです。

OSがなければパソコンを動かすことはできないたいめ、ご自宅で使っているパソコンにも会社で使っているパソコンにも、すべてのパソコンにOSは入っています。

Windows OSのアップデートが必要なのか?

あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

パソコンだけでなくスマートフォンでも「アップデートをしてください」という案内をよく目にしますよね。

結論、Windows OSのアップデートはすべきです。

ここでは、その理由を3つご紹介します。

1.問題や不具合を改善する

Windowsに限らずOSは、発売後に複数の問題点や不具合が見つかるものです。

これらの問題点や不具合を修正するために、Windowsのアップデートが必要なのです。

Microsoft社が更新したプログラムを自身のパソコンに適用させることで、問題点や不具合が改善されます。

2.新機能を追加する

多くのユーザーに使用されているWindows OSだからこそ、多くの方から「こういう機能が欲しい!」といった要望が届きます。

新機能用のボタンが追加されたり、新しいショートカットキーが追加されたりといった、さまざまな新機能を自身のパソコンに適用させるには、Windowsのアップデートが求められます。

3.セキュリティーを強化する

プログラムの不具合やバグにより、OSがセキュリティ上の弱点を抱えている場合があります。

これを脆弱性(ぜいじゃくせい)やセキュリティホールと言います。

Windows OSの脆弱性を放置しておくと、悪意のある第三者により攻撃される可能性があります。

これは、個人情報や企業の機密情報が、漏洩してしまう原因にもなってしまいます。

Windows のアップデートを行うことで、この脆弱性は無効化でき、被害に遭うことがなくなるのです。

機能面に関しては、その機能が不要な場合アップデートが必要ないと思うかもしれません。

しかし、セキュリティー強化のためにはOSのアップデートが必須であることがご理解いただけたら幸いです。

まとめ

この記事では、パソコンのセキュリティ対策におけるWindows OSのアップデートについて解説しました。

パソコン関連のお悩みに関して、何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

さまざまな解決策をご提案させていただきます。

 私が書いた記事
 この記事を書いている人
PCワールド本部スタッフ