あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

マルチモニター


「見る画面」と「作業をする画面」を分けることで作業効率UP

「見ながら入力」で仕事効率が上がる「マルチモニター」

2画面出力対応|あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド

従来の一画面では表示領域が狭く、ウインドウが重なってしまうため「資料を見ながらパソコンにデータを入力する」ためには「ウインドウを開いたり閉じたり……」を繰り返す必要があります。これが、かなり効率が悪い。

「見ながら入力」するために、資料をわざわざ印刷して「見ながら入力」される方も多くいらっしゃいますが、これでは紙とインクと時間のムダです。

これを解決し、作業効率をなんと最大42%も向上*させるのが「マルチモニター」です。

マルチモニターとは

読んで字のごとくですが、「1台のパソコンに複数のモニターを接続し、使用すること」です。
マルチモニター化すると「見ながら入力」「見ながら設計」「見ながらデザイン」実現され、前述の通り最大42%もの作業効率化が見込めます。

マルチモニターを使った作業効率化の例

【事例1:機械の設計者】
機械の設計者が、モニター①で参考図面や組図を見ながら、モニター②で図面を描く。

【事例2:営業担当者】
営業担当者が、モニター①で導入事例の資料を見ながら、モニター②でパワーポイントで営業資料を作る。

【事例3:営業事務】
受注担当の事務員が、モニター①で顧客からの発注書を見ながら、モニター②で受注データを入力する。

【事例4:議事録担当者】
会議の議事録担当者が、モニター①で議事次第とメモを見ながら、モニター②で議事録を作成する。

【事例5:デザイナー】
デザイナーが、モニター①でイラストレータを開きデザインしながら、モニター②で組み込み用の写真をレタッチする。

マルチモニター解説動画

出典・備考

*引用元:Jon Peddie Research: Multiple Displays can Increase Productivity by 42%

意訳:グラフィックやマルチメディアの調査会社である Jon Peddie Research (JPR) は、JPRの最新のマルチモニターに関する報告によると、情報産業従事者やデザイナー、エンジニアは、マルチモニターの採用により、生産性を最大42%増加させられることを公開した。

※大画面・高解像度モニターを使う場合は、マルチモニター化すると視線の動きが増えてしまい、かえって効率が下がるというデータもあります。ご利用環境によりマルチモニター化か大画面高解像度化かをご選択ください。

  • あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド
  • 株式会社PCワールド
    日曜定休
    営業時間 10:00〜19:00
  • あなたの会社のパソコン係|株式会社PCワールド
  • 株式会社PCワールドは西三河の中小企業の「パソコン係」として、業務用パソコン販売、パソコントラブルの診断・修理、「ITで会社を強くする」各種サービスの提案・導入支援を行っています。

営業カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30